柑橘系に埋もれたい

アラサーの腐女子が好きなものを好きなように語るだけ

ツ●ッター難しい

 
Twitter

一応ツ●ッターをやっているのですが、自分はつくづくこのSNSに向いてないな~~と思います。
 

最初はただ好きなものの話がしたくて

作るだけ作ってあまり浮上してなかったアカウントで、「○○好きな人と繋がりたい!」的なタグをつけて投稿してしまったのがそもそも間違いだった。
でもその時は、好きなものが同じ人ととにかく話したかったんだよ。。。
 
だって、好きなものが同じ人ってリアルではあんまり出会えなくないですか?
まぁ私は交友関係めちゃ狭いしATフィールドもめちゃ分厚い人間なので、趣味の話をする機会がそもそも無いってのもあるんですけど。
 
だからSNSに頼る。
最初はただ純粋に「○○ヤバい!!」という話がしたかった。
で、いくらかは出来た。でも、だんだん疲れていった。
 
 

自分の描いた絵をアップすると…

ツ●ッター上に自分で描いた絵や漫画をアップすると、やっぱりどうしてもRTや♡の数が気になってしまう。
 
私は絵を描くのが好きですが、決して上手くはありません。
絵柄に個性があるわけでもないし、色の塗り方にセンスがあるわけでもない(と自分で勝手に思ってる)。構図もいつもだいたい似たような感じ。
でも描きたいから描く。
もしもこれが仕事なら、このままでは明らかにまずいと思いますが、あくまで趣味なので、別に下手くそでもいーじゃんと自分では思ってます。
下手くそでも自分の絵が好き。趣味だから描きたいように描く。
 
でもツ●ッターに絵をアップすると、RTだったり♡だったりコメントだったり、他者からの反応が見えてしまう。
自分のために描いてるんだから、別に反応が少なくても気にすることないじゃん!と思うには思うんですけど、、、結局どうしても気になる。
 
それでもインターネット上に絵をアップするのは、やっぱり誰かに見てほしいと思っているから。
しかも私の場合ちょっと複雑で、「描いたよ!見て見てー!」というテンションではなく、「きょ、興味がある方はよろしくお願いします…」ってテンションなんですよね。(わからんわ)
 
絵に自信がないので、誰が見てるかもわからないタイムライン上にいきなりポッとアップするのはかなり勇気がいる、、、というか怖い。
だから、絵や漫画をアップしたあとは怖くてTLが見れない。描いたよ!反応してして♡とは絶対ならないので、向いてねぇなって思うわけです。(見てー!って出来る方を否定しているわけではありません)
 
 

他者との交流

TLを追ってるとあっという間に時間が経つし、自分の精神状態が良くない時に自分にとってよくないものが目に入るとものすごいダメージを負う。
そりゃあフォロワーさんも人間なので、楽しい気分の時もあれば悲しい気分の時もある。何かにムカつくことだってある。でも、ネガティブなつぶやきをTLで見てしまった時は、自分もつられてネガティブになってしまう、、、ので、TLを一切見ない時もあります。
 
空リプも正直苦手だなぁ。。。
TLを追ってないことの方が多いからそもそも空リプされても困るし、むしろこっちが無視したみたいになるし、当事者じゃない人からしたらウザくないですか?そんなのがTLに出てきたら。
リプライするほどではないけど、あなたのつぶやき見てるよ!っていうアピールなのかな。
まぁみんな自分の好きなようにつぶやいたらいいし、合わないなって思ったらミュートなりブロックなりすれば済む話なんだろうけど。。。
 
 

これって本当に自分の意見?

好きなものが好きであればあるほど、他人の二次創作を見るのがちょっと怖いかも、、、と最近思います。

まず、「解釈違い」については私はそれほど気にしていません。
なぜなら解釈違いってやつは、過去の自分との間にすら起きうるからです。
三ヶ月前は受けだと思っていたのに、今は攻めとしか思えないわ、、、という風に。
見聞を深めていけば解釈が変わるのは当然だと思います。
なので、他人との間に解釈違いが起きるのは当たり前です。
解釈がピッタリ合うことの方が珍しいし、今は合っていたとしても一ヶ月後にはお互い解釈が変わっているかもしれない。
だから、この問題はもうどーでもいいです。
人それぞれの解釈があって当たり前なので。
 
それとはちょっと違うニュアンスの話なんですけど、まぁ色々な解釈の自CPの漫画があったとして、それを見ると、誰でも少なからず影響を受けると思います。
そうしていくうちに、自CPの○○なところが好きだけど、これって自分が最初から思っていたことだっけ?それともあの人の漫画を読んで思ったことだっけ?と、わからなくなりませんか?
公式に萌えているんじゃなくて、二次創作をしているその人の作風や解釈に萌えているというか。
悪いことではないと思うんですけど、なんだか、自分の意見というか自分の感性が死んでしまうような気がして。。。
 
それで楽しめる人は全然いいんです。いいんですけど、私の場合は「ん?ちょっと待てよ」と思ってしまった。
私はA×Bが好きで、同じようにA×Bに萌えている人がたくさんいる。
そしてA×Bの二次創作物がたくさん生み出されている。
でもその二次創作物たちに触れていると、いつの間にか公式が置き去りになってしまう。
A×Bとはこういうモノ!という、暗黙のルールみたいなものが出来て、それに沿ったものをみんなが描き始める。
 
……いや、そんなことはないか。
ちょっと違うな。
何が言いたいのかわからなくなってしまいましたが、とりあえず、誰かの意見が自分の意見にすり替わってしまうのが怖いんです。
自分大好きなので(笑)、自分の感性を一番大事にしたい。
だから、例え同じA×Bが好きだとしても、来る者拒まずで不特定多数の人とは仲良くできない。
他人の意見や感想を、むやみやたらにインプットするのが怖い。
イコール、向いてねぇ。
 
 

これからどうすればいいのか

もっと器用に、ラク~に楽しめればいいんですけど。
不器用だし、変に繊細だし、頭が固い、、、んでしょうね、たぶん。
 
ツ●ッターはしんどいけど、誰ともまったく交流しないのもそれはそれで苦しい気がする。
どーすればええんや。
わからん。